YUTA WAKOH

Official Web Site

【期間限定】大田区役所で大会1年前の展示を開催中

【期間限定】大田区役所で大会1年前の展示を開催中

2020年7月16日木曜日から7月31日金曜日の午前まで、大田区役所本庁舎3階ロビーにて、東京オリンピック・パラリンピックの1年前を契機とした展示が行われています。
大田区にゆかりのあるアスリートを、特製のパネルや映像で知ることができます。

若生は、投てきの写真が入口付近に大きく展示されていました。
お近くに来られた際は、ぜひ足を運んでみてください。

また、大田区役所のホームページでは、若生裕太の紹介ページが公開されています。
展示に行けない方も、ぜひご覧ください。

【アスリート紹介】若生裕太選手(パラ陸上やり投げ)(外部リンク)

以下、若生裕太から大田区の皆さんへのひとことです。(大田区役所の展示パネル、ホームページより引用)

「私は、大田区で生まれ育ちました。幼いころから野球と空手に打ち込み、現在はパラ陸上のやり投げと、ずっとスポーツに関わってきました。大学2年生の秋に視覚障害を発症してからも、スポーツを通じて夢に向かって全力で取り組めていることに感謝しています!世界に羽ばたく飛行機のように、遠くにやりを投げて大田区の皆さんに勇気や元気、感動を届けたいです!世界で活躍できる選手になれるよう頑張ります!ぜひ、街中で私を見かけたら気軽に声をかけてください!応援よろしくお願いします!」

大田区役所で展示している若生の投てきのパネルを撮影した画像。
若生の略歴やメッセージを書いたパネルと笑顔の写真のパネルを撮影した画像。

大田区役所へのアクセス

JR京浜東北線、東急多摩川線、池上線「蒲田駅」東口から徒歩約1分
京浜急行線「京急蒲田駅」西口から徒歩約10分